相続による取得の際の不動産取得税

不動産取得税は、不動産(土地・建物)を取得したときにかかる税金となります。

売買や生前贈与による取得の場合には課税されますが、相続による取得の場合には非課税となります。

相続時精算課税制度や夫婦間における居住用不動産の贈与の特例を利用した場合でも課税されます。

税額=課税標準額×3%(住宅用以外の建物の場合は4%)

課税標準額は、固定資産税評価額が基準となります。

宅地の取得については固定資産課税台帳の登録価格の2分の1となります。

不動産取得の時期が平成20年4月1日から令和6年3月31日までの場合です。

相続・遺言・生前贈与の相談2,000件以上の実績

債務整理1,300件以上の実績

司法書士事務所リーガルスクウェアは、 2005年の開業以来、19年以上にわたり債務整理の手続きをしてまいりました。
非常に多くの方のご相談をお受けし1,300件以上の実績がございます。
また、相続・遺言・生前贈与についても2,000件以上のご相談をいただき、多くの方々の「想い」を一緒に考え、ご家族の未来へ「たくす」お手伝いをしてきました。
どんなことでも構いませんので、債務整理にお悩みの方、相続・遺言・生前贈与について想いを聴いてほしいという方はお気軽にご相談下さい。お客様の立場になり「一緒に考える」ことを大切にしております。
安心してお任せ下さい。

  • ご相談は無料です
  • 平日の夜間、土日祝日のご相談も対応致します
  • ホームページにて解決実例集を数多く掲載しております。一度ご覧ください
  • 債務整理、相続・遺言・生前贈与等以外のご相談も承っております。

詳しくはホームページをご覧ください。